メニュー
ホーム
記事一覧
このサイトについて
カテゴリー
その他
カテゴリー・タイトル

カテゴリー

タグ

その他

このサイトについて
RSS
QRコード
URLのコピー
ホーム京都観光記 > 歴史の中の偽預言者 ウィリアム・ミラー ①
タグ
京都観光記
2020.08.26

歴史の中の偽預言者 ウィリアム・ミラー ①

{本日の小ネタは、ウィリアム・ミラーという宗教家についてです。この人は、ラッセルととてもよく似ています。} <「キリストの再臨は近い」> [30% en.wikipedia.org/|816px-William_Miller.jpg] {((ウィリアム・ミラー(William Miller 1782-1849年)))はアメリカの宗教運動家です。元は農夫の平教徒でしたが、時代の急激なうねりにより、センセーショナルな終末予告をし、それを説教壇でも行うようになります。} {時代はフランス革命の影響で、混乱状態です。彼はなぜ自分だけ戦争から生きて帰ったのだろうかという疑問が頭から離れず、きっと神様から特別な使命があるに違いないと、聖書研究を始めます。} {何か根拠があったのでしょうか。ヨーロッパではフランス革命で大騒ぎでした。今こそダニエルや黙示録の期間内に違いないとし、ハルマゲドンの年を予告しました。} 「hMy principles in brief, are, that Jesus Christ will come again to this earth, cleanse, purify, and take possession of the same, with all the saints, sometime between March 21, 1843, and March 21, 1844. ーーWilliam Miller and the Advent Crisis」」 {(訳) 私の原則を手短に言えば、イエス・キリストは地に再来し、清め、浄化し、それらを手に入れます。全ての聖徒たちとともに。1843年の3月21日から1844年の3月21日の間のどこかで。} {彼はダニエル書の70週の預言の始点を前457年。期間を2300日つまり2300年であるとし、その終わりを1843年と計算しました。(前457年というのは、アルタクセルクセスがエルサレム再興の為、エズラを派遣した年。)} <業の拡大> {彼は教会の説教壇でも話を行うよう勧められ、それを繰り返しおこなって、めきめきと名をはせます。やがて、禁酒法や奴隷解放に影響力のあった運動家、((ジョシュア・ハイムス(Joshua Vaughan Himes)・ジョセフ・ベイツ(Joseph Bates)))らと出会い、資金援助をしてもらいます。} {ジョシュアは、ニューヨークやボストンなど、国中で行う必要があると促し、彼の活動は徐々に国際的になっていきます。1840年には、ハイムスが印刷所の所長だったことで、新聞に説教が掲載されるようになります。} {やがて、教会教師たちが反対を始めます。「数年のうちに世の終わりはこない」と叱られますが、彼や彼の信者は聞き入れません。信者の中には、家を売ったりして、再臨に備える人もいました。前日には多くの店が、再臨のため閉店中との看板を掲げていたそうです。}
スポンサーサイト



1
3
4
5
6
7
9
コメント(0)
ご注意:記事と関係のないコメントや、荒らしコメントはお控えください。
Author:トモ
プロフィール
JWとしての歩み
メッセージを送る
カテゴリー・タイトル

カテゴリー

タグ

その他

このサイトについて
RSS
QRコード
URLのコピー
RSS設定
コピー
QRコード
メッセージを送信される前に
同意する
このサイトについて
ほほほ
閉じる
用語解説
タイトル
説明